近年話題の北欧家具。
インテリア雑誌を開けば北欧家具を目にしないことはないですよね。
TVドラマやお店のディスプレイでも活躍しています。
このように日本でもばっちりと市民権を得た北欧家具。
その魅力はどこにあるのでしょうか。

まずはなによりも、そのシンプルながら計算しつくされたデザイン。
見た目だけでなく、使い勝手もきちんと考えられている、実用的なデザインのものが多いです。
見て楽しむものではなく、実際に生活の中で使っていくことをベースに考えられた、使いやすいデザインです。
見た目に良く、使ってみて更に愛着を深めることが出来るのが北欧家具の大きな魅力です。
例えばシンプルながら独特のデザインの椅子に腰掛けてみると、体に優しくフィットして絶妙の座り心地を得ることが出来ます。
また、スペースの有効活用を考えて、スタッキングできる椅子なども出ており、これらもまた機能とデザイン性の両方を追及した、”使える”家具に仕上がっています。

そして木目や木の色合いなど、木の良さをうまく生かしたデザインも魅力のひとつです。
木そのもののもつ魅力をシンプルに生かしているのが北欧家具の大きな特徴です。
オイルフィニッシュ等で仕上げられていることも多く、メンテナンスをしながら大切に使っていくのも楽しみの一つですね。

このシンプルなデザインこそ、日本で北欧家具が市民権を得た大きな理由なのではないかと私は考えています。
最近の日本の家にはさまざまなスタイルがありますが、シンプルであるがゆえ、どのようなスタイルの部屋にもうまくなじむのが北欧家具です。
畳敷きの和室から、フローリングの洋室、またはコンクリート打ちっぱなしの近代的な部屋にも、北欧家具は違和感なく溶け込みます。
和室ではうまく溶け込み、フローリングでは調和し、コンクリート打ちっぱなしのようなちょっと無機的な部屋にはほのかな温かみを加えてくれます。

そして北欧家具をうまく引き立てるのに忘れてはならないのがテキスタイル。
北欧のデザイナーのデザインしたテキスタイルは明るい色と軽快なモチーフとを組み合わせたものが多いですが、シンプルな北欧家具に合わせることで、生き生きとしたインテリアを演出することが出来ます。
テキスタイルなら簡単に交換できるのも魅力ですよね。

また、北欧スタイルに更に近づくのならば、是非照明にも気を配ってみてください。
蛍光灯のシーリングライトは消して、スタンドやスポットを使って柔らかな間接照明を演出してください。
あなたのお部屋がぐっと北欧テイストにあふれますよ。